Q. 現在のロシアと中国との関係は?


Q. 今、ロシアと中国との関係はどのようなものなのでしょうか?

 日本とロシアとの関係が深まることに手放しでは喜べない、ロシアは中国と仲が良くて、間接的に中国にお金が流れていくのでは? などと考えてしまうのですが、どうなのでしょうか?(大学生から)

 

A. 戦略的に考える時に、第一に必要なことは、主要な敵はどこかということです。

 

 現在、自由民主主義陣営にとってのそれは、ロシアではなくて中国です。もちろん中国は、経済的にはBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)、軍事的には上海協力機構等を通して、ロシアを自陣営に引き込もうとしています。

 

 しかし、ロシアと中国が互いに信頼し合っているとは思えません。例えば、ロシアの極東地域には550万人ほどしか住んでいませんが、隣接する中国の地域には1億近い人々が居住していて、ロシアの極東地域に入り込んでくる危険性をプーチン政権はよく知っています。それを食い止めるためにも、日本の力を借りたいとの思惑があります。

 

 では、自由民主主義陣営としては、どうすべきでしょうか?

 

 中国からロシアをいかに離間させるか中露をいかに分断させるかを模索すべきです。そして中国を孤立化させるということです。

 

 かつて、米ソ冷戦時代にあっては、西側の主要な敵はソ連でした。国際勝共連合創始者・文鮮明総裁は、ワシントンに「国際安全保障協議会」という組織をつくられ、対ソ包囲網をつくるために、当時の中国の軍部まで巻き込んでいかれました。今は、その反対と考えたら良いでしょう。中国包囲網をつくるために、ロシアを巻き込んでいく作戦が必要な時なのです。

 

国際勝共連合会長 太田洪量